子供が産まれてからスタジアムで観戦する機会がめっきり減ってしまったというサッカーファンは多いと思います。 Jリーグの27年は日本経済の荒波に晒されてきた歴史だが、元々の親会社のサッカー部がJクラブとなったとはいえ、ひとつのスポンサーが支え続けるのはレアケースとなっている。 Jリーグ開幕時はミズノの一社提供。北海道のお土産の定番である「白い恋人」を販売している会社です。

今季はメランジのグラフィックを全身に施し、海原を思わせる見栄えとなった。今に通じる左右非対称のデザインを採用。 グラデーションなど今に通じるデザインが初採用された。 アウェイ用はホームと同一デザインで昨シーズンと同じく白のシャツとパンツを採用しているが、今シーズンはソックスにピンクを採用した。 そんな現在からみれば、昔の記録は決して親近感のあるものではなく、今の私たちには「昔は強かったのだろう」と思いを巡らせることしかできません。

昨季ではエンブレムと共に独自のフォントを採用し、ユニフォームの統一感の形成に貢献したが、今季よりJ統一のフォントの採用に伴いわずか1シーズンで使用終了になってしまったのは惜しいところ。 エムボマ大旋風と稲本潤一のデビューが印象的なモデル。 サイズも25~35cmの間(背中)、10~15cmの間(前面)と条件は比較的緩やかだ。

J1昇格の年にも関わらず圧倒的な強さを披露。 このときまでマスコットのガンバボーイがエンブレムとして使用された。私が利用したところだと英国のECサイトが一番しっかりした対応をしてくれる印象だ。 だが2021年シーズンからJリーグが定めたユニフォームに表示する選手番号と選手名の書体デザインを全クラブ共通で使用することが決まった。細かなピンストライプが全体を引き締める。

その他の興味深い詳細j リーグ ユニフォーム かっこいいは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。