選手、監督、審判、クラブ、リーグが一体となり、試合中の異議行為や遅延行為など不快となり得るプレーをなくし、フェアで、クリーンで、スピーディーで、タフな試合の実現を目指す。 マスコット(実物稼働)としての活動は休止中。中村俊輔の背番号を「10」に変更した他、「カズ」こと三浦知良と契約延長した等、今季もレジェンドの話題に絶えない。今季ホームモデルは斜線のグラフィックと太いストライプの組み合わせ。

今後さらにアジア市場は成長しますし、その重要性は増してくると思います。 そしてその時まとっていたユニフォームにはそれぞれの思い出の詰まっていることだと思います。 あとは、チャナティップ選手のように「日本で成功してやる」という強いマインドを持つ選手が出てくるか、というところが重要だと思います。本田が加入するスードゥヴァは、リトアニア南西部の都市マリヤンポレを本拠地とする。高温多湿な日本と韓国の気候に対応するため、各メーカーは軽量化とシンプル化に舵を切った。

この売上高は世界の企業の売上高ランキングでも5位に位置する数字です。 (プラスクオリティープロジェクト)2012シーズンより、試合自体の魅力向上を目指すための新たな取り組みとして発足。押上のスカイツリーの近くにショップがあるのだが、最初は民家に紛れていて全然場所がわからなかった。 Jリーグへの関心度、人口や経済レベルといったマクロ視点、放映権市場としての大きさなどから、現時点で放映権料の収益が見込める市場です。

例えば、味方が赤、相手が白、審判員が黒ならば、青や緑などを着ることになります。 ――例えば、ベトナム代表のMFグエン・クアン・ハイなどはチャナティップのような役割を果たせるポテンシャルを感じます。私たちから見れば「かっこいい」で済ませてしまいがちなモチーフはその土地に住まう人々を見守り続けた存在で、主義・主張のアイコンや心のよりどころとしての役割を果たしていた。 ホームはいつもの黄緑地に青のグラフィックを肩から胸にかけて表現。

ちなみに下半身はこれまで通り黒×黒で、ソックス後部に青のグラデーションが軽く入っているのみのシンプルな構成。 1つ目は胸番号の掲出の有無で、2つ目は使用フォントである。東南アジアのクラブの多くはオーナーが身銭を切って経営しているので、まだまだ「なぜ自分のクラブの看板選手を放出しなければいけないのか」というスタンスなんです。 ベトナムの選手を知ってほしいという狙いもありますが、東南アジアのサッカー熱を生で感じてもらおうという目的もありました。

その他の興味深い詳細j リーグ 新 ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。