ガンバ大阪、2020新ユニフォームを発表!デザインは日本、大阪 ...現在35歳の本田は星稜高校卒業後、名古屋グランパスでプロデビューを果たした。 さらに、昨年はタイ代表の左サイドバックであるティーラトンが横浜F・マリノスのリーグ制覇に貢献し、Jリーグにおけるタイ人選手の存在感は確かなものになった。 「Jリーグ」の魅力を発信していきたいという、いちファンが勝手にサッカーの魅力を綴っていきます。

その成功の鍵が育成と健全なリーグ・クラブ運営への注力であることに彼らは気づいていますし、Jリーグには彼らの参考となる事例が多々あります。 こちらもアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド→アーセナル)、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(アーセナル→マンチェスター・ユナイテッド)、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント→アーセナル)ら世界有数の実力者が顔を揃えている。

大学サッカー部のユニフォームに入る胸スポンサーが増えている。 ATHLETAやsvolmeに加え、gol.やbonera、sfidaといった国産ブランドが増えている。今後、驚くようなブランドがサプライヤーに名乗りを上げ、ユニフォームの胸にそのロゴマークが輝く可能性も、ゼロではないのだ。 4年後の1922年には、東大ア式は当時の名門学校(今で言う早稲田大学や一橋大学、筑波大学)のサッカー部らとともに「専門学校蹴球リーグ戦」を創設します。

この切り口で野球版も面白そう。 J2、J3の細分化したユニ事情は興味深い。 J3のサプライヤーに、フットサルからスタートした国内ブランド(ATHLETAも実質、国内ブランド)がすごく増えているのが興味深い。実際にチームが発表しているユニフォームデザインを画像で確認します(ほんとはすべて現物を手に入れたいが、、、)。 マイキー 今日発表されたんですけど、4月中旬にマンチェスターにTOP64の選手が集まってやるようです。

京都を代表するクラブと企業がタッグを組んでいるという点で、非常に幸せな関係と言えるだろう。 J2の京都&Wacoalと同様、地元企業同士の幸福な関係であり、ファンとしても感情移入しやすいのではないだろうか。 そこで、自分自身で見に行って現地の状況を感じることにしたんです。全体的に情報量が多めのデザインとはなっているが、黒パンツを採用したことにより従来の大分ユニの問題点だったチグハグさが解消されている。他にも、度々スポンサーの色が違っていたり、レプリカユニフォームと選手用ユニフォームの相違点についての、項目が結構間違いが多かったりなど、ニッチな事まで言えば、少しだけ惜しい点がありました。